メンズ

イタチ駆除専門の業者に頼む|都会でも被害が出ている

小柄でも性格は凶暴

男性作業員

業者に頼む理由

イタチが天井裏に住み着くと、足音や臭いで気が付くことがあります。ネズミよりも大きいため足音も大きく糞尿も悪臭を放つためです。イタチ駆除が依頼できない場合は、イタチの侵入を阻止することで対策出来ることがあります。たいていの場合は家の屋根付近に侵入口があるはずですので、まずはそれを確認します。次に、天袋など屋根裏に近いところで蚊取り線香やバルサンを焚きます。イタチは苦しくて家から出るのでその隙に侵入口を塞ぐのです。侵入口が一か所と限らない場合は、念のため朝晩煙を焚くことをお勧めします。また、可能ならば一度天井裏をチェックし、糞便や死骸、イタチの食べ残しなどがないか確認した方がいいでしょう。そこから、ばい菌や害虫が発生する可能性もあるからです。イタチ駆除が難しい場合でも追い払うことは十分可能なのです。

駆除より忌避が大切

イタチは普段山や森などに生息していますが、食べ物が不足したりすると民家に降りてきます。最近では電線などを伝って屋根裏に住み着くこともあり、糞害やダニなどによる健康被害が報告されています。イタチの特徴としてメスが非常に小さいことが挙げられ、通常でも約半分ほど、種類によってはオスの1/3程度の大きさしかないものもいます。しかし、肉食で性格は凶暴であるため人間に対しても威嚇してくることがあります。イタチは、古来から日本に住んでおり鳥獣保護法の対象になっているため素人が勝手にイタチ駆除を実行することはできません。そのため、被害を確認し手に余るようなら、専門のイタチ駆除業者にお願いするのが最も確実な方法といえるでしょう。